以前から欲しかったので、爆速でセットできる死ぬほどシンプルなタイマーアプリを作った!無料です。爆速タイマーで検索すると見つかる。

爆速タイマーのダウンロードはこちらから。

このアプリは今まで作ったものの中でダントツにシンプルだけど、自分が頻繁に使うために作りました。

なぜ、いまさらタイマーアプリを作ったか?

僕はiOSの標準アプリのヘビーユーザでありまして、もう毎日のように使っている。

どんな時に使うかというと、まずは毎日の作業時間のタイマーをセットするため。

これは数時間単位でセットするから特に問題ないのだけど、ラーメン作る時とか、数分レベルの時間をささっとセットする時にはとても使いにくい。。

まずiOSのドラムUIのタップできる範囲が狭く、なおかつ5分とかにぴっちりと合わせるのに気を使い、その後にセットボタンを押さないといけない。

また、電車で降りる時間をセットする時にもタイマーを使う。

例えば、池袋から渋谷に地下鉄で行くとする。乗り換え案内で乗っている時間をチェックして、電車に乗車する時にタイマーを12分とかでセットして、到着する頃にちょうどタイマーが鳴るようにしておくのだ。

これで、「つぎ降りる駅かな?いや、まだ新宿すぎたところか。。チラチラ」といちいち乗り過ごしを気にする事なく、読書とかスマホいじりに集中できるわけです。

ちなみに、降りる駅になったら知らせるアプリがよいかと思ったけど、結局は乗り換え案内見た後に、タイマーセットするのが一番単純で楽でした。

こんな感じで、数分単位のタイマーを使うことはよくあるのに、標準のタイマーアプリをセットするのがサクッとできないのが毎日のアキレス腱になってて胃が痛い思いをしてた。

世に出てるタイマーアプリを試す

じゃあ、アップストアには使いやすいタイマーアプリがあるはずだと思って片っ端から試してみた。

しかし、いろいろなカスタマイズ機能とか、見た目がクールだとか、そういう方向性のものは多いのだけど、ずっと使い続けるのに重要な起動 => タイマーセットという動作を突き詰めたものが見つからない。

なので、こうすれば一番すばやくタイマーセットできるだろうというUIを考えた結果、最初から1分〜90分まで最初からセットされているリストをスクロールして、タップしたら自動的にスタートするというUIにたどり着いた。

もちろん押しやすいようにボタンの大きさも広めに調整。これで自分の用途にはぴったりだ。最高だ。シンプルイズベスト!他に余計な機能はいらない!

友達に見せたら「これ、1分30秒とかにセットしたい時はどうすんの?(笑)」という心ないツッコミが入ったが、「そんなものは必要ない。なぜなら朕が欲しないから」と、日露戦争前のニコライ二世ばりに断言して黙らせときました。

まあ、さすがにカスタマイズあったほうがいいかなと思ったけど、そういうのは万が一人気が出て要望があった時に検討すればよいかと。

バックグラウンド時の動作

バックグラウンド時でサイレントモードの時に音を出すのはiOSの標準アプリにしか出来ない動作なんですよね。

自分は常にバイブモードで使ってるので、ここが一番のキモだった。サイレントモードじゃなければ大きな音なるから大丈夫だけど。

いろいろな他のタイマーアプリを試したところ、ここは仕様的にどうしようもないようだ。

なので、爆速タイマーでは、通知を何回か連続で出して気づかせるという仕様です。複数回通知きたらサイレントモードでも振動でなんとか気づくかなと。

ちなみに、バックグラウンド時にはアプリ動かず、通知をスケジュールするだけなので電池の消耗も心配いりません。

アップストアの説明について

毎回いろいろな新しいことをちょくちょく実験してるのだけど、爆速タイマーではアップストアの文面を変えてみた。

アプリの説明文で、「なぜ作ったのか?」という文章を書いてみた。

機能を羅列しても誰も読まないだろうし、そもそも機能らしい機能もないので。

実はあまりにシンプルすぎてストア並ぶ前に審査落とされるのではと心配だったけど、あの説明文を読んでくれた担当者は、「なるほど、そういうことね」と承認してくれたのかも知れない。

料理とか、作業時間とか、さくっとセットしたい時に便利なのでよければ使ってみてください。

爆速タイマーのダウンロードはこちらから。


*確定申告のTaxnote、家計簿ZenyListTimerなど作ってます。自己紹介はこちら