実際にどんな具合かわかるように、動画を撮ってみた。この動画見たらわかるけど、結構間違ってる部分は多い。しかし、圧倒的なスピードでズラズラっと入力されていく。合計時間四分ほど。最後の部分は、iPhoneの通知がなったので誤動作したっぽい。

修正した本文

音声入力とキーボード操作を同時にやると、どれぐらいブログを書くのが楽になるかテストしてみた。

ずっと前から、音声入力すると、修正するほうが時間かかってめんどくさいんじゃないかなぁと思ってたんですよね。

で、やりたかったことは、音声入力しながら同時にキーボードも使って練習したりすると、ふつうにキーボードで入力するより早くブログが書けるんじゃないかなと思った。

やってみるとなんか音声入力と同時に、キーボードでチャチャっと同時編集していくのはストレスがたまる。なので、まずはぐちゃぐちゃでもいいから音声入力で全部を入力して、あとからキーボードで編集するというのが楽だと分かった。

ちなみに音声入力はアップルのAirpodsというBluetoothのヘッドフォンを使っているので、マイクから口は近く、最低限の基準を満たしているんじゃないかなぁと思っております。

これ、やってみるとわかるけど、キーボードを打たないというのが精神的になんかすごい楽です。キーボード入力だとどうしても手を使わないといけないし姿勢もある程度固定される。

でも、音声入力だと、やってみたらすぐにわかるけど目線が画面をずっと見てなくてもいい。考え事してるときみたいに、天井見ながらしゃべってもいいし、だらっとしててもいいし、まあなんていうか、ものすごいだらけた姿勢で入力できるというのがあります。

これは、想像ではあまり分からないけど、やってみたらものすごい楽でストレスがかからない。なのでブログ書くのってめんどくさいなぁと思ってなかなかスタートできない時も、このだらっとしながら音声入力でを入力すればいいわって思ったら結構簡単にできるかも。

こういうことってやってみないとなかなか気付かないなっていう部分が多いので、とりあえずあほみたいなことでも実験的にやる価値ってありますね。

ちなみにこれって改行とか言った時は改行してほしいんだけど、なんかMac使ってると改行っていうと単純にそのまま入力されちゃう。

修正前の本文

音声入力とキーボード操作を同時にやると俺ぐらいブログを書くのが楽になるかテストしてみたい。

次の段落をずっと音声入力すると修正するほうが時間かかってめんどくさいんじゃないかなぁと思ってたんですよね。

でやりたかったことわ音声入力しながら同時にキーボードも使って練習シタリしたりするとふつうにきーぼーどで入力していくより早くブログが書けるんじゃないかなと思った。

やってみるとなんか音声入力と同時にキーボードねちゃちゃチャチャっと編集していくのはストレスがたまるので、結果的にまずはぐちゃぐちゃでもいいから音声入力で全部を入力してからあとからキーボードで編集するというのは楽だと分かった。

ちなみに音声入力はアップルのエアポートというBluetoothのネットセットを使っているのでマイクから口は近いので最低限の基準を満たしているんじゃないかなぁと思っております。

これ、やってみるとわかるけど、キーボードをウタないというのがなんかすごい楽です。キーボード入力だとどうしてもてを使わないといけないし姿勢もある程度固定される。

でも、音声入力だとやってみたらすぐにわかるけど目線が画面をずっと見てなくてもいいし、なんといっても考え事してるときみたいに、飲みながらしゃべってもいいしガラッとしてもいいしまあなんていうかものすごいだらけだ姿勢で入力できるというのはアリマス。

これは、想像ではあまり分からないけどやってみたらものすごい楽でストレスがかからない。なのでブログ書くのってめんどくさいなぁと思ってなかなかスタートできないですけどこのだからっとしながら音声入力でを予約すればいいわって思ったら結構簡単にできるかも。

こういうことってやってみないとなかなか気付かないなっていう部分が多いのでとりあえずあほみたいなことでも実験的にやる価値ってありますね。

ちなみにこれって改行とかいただいて勝手に改行してほしいんだけどなんかMac使ってること改行っていうと単純に
入力された。

感想

これ、なんだかんだいって、入力した後の編集の方がよっぽど時間かかってる。まずは入力で間違ってるところをキーボードで修正。その後、全体の構成とか、段落を分けたりとか。

その後、Youtubeに動画をアップして、そこからリンクをはめこんでとか、アイキャッチ画像を選んで埋め込んだりとか、そういう細々とした編集の方が時間はかかります。

しかし、ブログに限らないけど、こういう一連の作業で何が一番重要かって、最初のスタートダッシュなんですよね。最初の一歩が重くて、面倒で、いつも始まらない。そういう意味で、だらだらと喋ってるだけで最初の下地ができていくというのは価値あるんじゃないだろうか。


*会計アプリ爆速タイマーを作ってます。人気記事はこちら