最近、セラノスやら、Netflixで話題のFyre Festivalなどのドキュメンタリーがすごく面白いんだけど、スタートアップ文化の悪い面が行き過ぎて大きな詐欺に発展する暗黒面を見せつけられております。

まず、セラノスの説明をすると、血液検査を指から簡単に出来る技術をビジネス化するというベンチャーだったんだけど、そんな技術は本当はなくて、ジョブスの再来と言われていたけど、今では有罪判決を受けた創業者の若手起業家の女性の名前です。

まだ日本ではそこまで有名にはなってないけど、今後、映画化されたり、ドラマ化されたりするので、みんなが知っている名前になるとは思う。

そして、NetflixのドキュメンタリーFyreの方は、カリスマ性のある創業者が豪華な音楽フェスを南の島で開催するという企画を立てて実行してみたけど、宣伝だけは豪華で、実際に開催されたものは悲惨で質素なイベントにしかならず、これまた詐欺で有罪判決受けたっていう概要です。

この2つとも、話としては非常に面白くて、いろんな教訓があるんだけど、シリコンバレー発祥の「Fake it until you make it」、実現するまではフェイクでごまかせという精神が物凄く色濃いんですね。

この用語って、ITスタートアップ文化では肯定的な感じで使われることが多くて、アップルだって最初はユメみたいな妄想をぶちまけて金を集めて、そっから猛烈精神で現実になるように頑張って上手くいったから参考にしようみたいに使われてきたと思う。

セラノスとかFyreの創業者の映像見てると、最初は「Fake it till you make it」精神でプレゼンして、金を集めたものの、だんだん実現可能性が低いってのが自分でもわかってきつつも、ここまで来たら引き返せねえ!っていう状況になり、だんだん自分自身を自分が騙し初めて、最後は帳尻合わせるんだからOKだみたいな精神になり、本人は真実を言っているかのように詐欺が進行していくんだろうなっていう印象だった。

なんか、嘘発見器でも、その人が正しい事をしていると信じ始めると、本人が嘘だと考えなくなり、検査機で反応しなくなると聞いたことがある。

創業者が半ばサイコパス的に自分の脳みそも騙し初めて、なおかつカリスマ性があったら、周りの人も雰囲気の飲まれて、「なんかこの人がこう言ってるからイケるんちゃうかな」っていうノリになっていくのが想像できてしまう。

しかしですね、ほとんどのスタートアップって失敗するし、創業者はクレイジーなこと言ってて、本人も狂人じみた人こそ投資家に好まれる昨今、VCの人達はどうやって本物か詐欺かを見極めるんだろうか。

しっかりとデューデリジェンスして、自分の目で確かめたらいいというのは間違い無いんだけど、それでも判断つかないケースは多々あるだろうし。

もちろん、ポンジスキームで捕まったマドフの例みたいに、わかりやすい詐欺行為なら最初から明らかなんだけど、スタートアップの創業者だったら、結構本気で善意から世界を良くしたい!っていう気持ちで金を集めているケースが多い。それが実現不可能なのに突っ走って詐欺となるっていう場合は、結果的に失敗した事を応援したのか、詐欺に引っかかっただけなのかは初期段階では判定が非常に難しいんじゃないだろうかと。

派手にずっこけた場合は司法の介入が入って、今回みたいに有罪判決が下るけど、それ以外はいろんなところで発生する、他人資本でビジネスする時の構造的な問題なんだろうか。

基本的な解決策は、Skin in the Gameの精神で、創業者自身が失敗した時のリスクをダイレクトに被るようにすることだろうけど、これはこれで、起業家がリスクを恐れずチャレンジするというベンチャー投資のエコシステムとの弊害がありそうだし。

色々考えた結果、あんまり簡単な解決策はなくて、倫理面で哲学を持つ空気自体が自然とあればいいんだろなと。セラノス事件がドキュメンタリー化されたり、ドラマ化されたりすることで、同じ事が繰り返される抑止には間違いなくなるはずなので、エンターテイメントの力も強い。

参考リンク


*会計アプリ爆速タイマーを作ってます。人気記事はこちら